Bliss On Ice

フィギュアスケートが大好きなmiyuki.が、思ったことをつらつら書いていく趣味部屋

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

西日本小中 独断と偏見の感想♪(やっと完成版)


ノービスB以上(新採点方式)のResult


8/11(土)は昼からのノービスB女子、6級ジュニア女子・男子SP、8・7級ジュニア女子SPを観戦。
8/12(日)は、ノービスB男子、ノービスA女子・男子、6級ジュニア女子・男子フリー、8・7級ジュニア女子フリーを観戦。



ノービスB女子では、本郷理華ちゃん(4位)と安原綾菜ちゃん(2位)の演技が印象に残りました。理華ちゃんといえば、ピンクの衣装が目を引く可愛らしい「キューティー ハニー」という印象があったのですが、身長もぐんと伸びて、かなりお姉さんぽい演技をするようになったな~と、びっくりしました。雰囲気や衣装もガラリと変わり、情熱的なタンゴを身体いっぱいに表現していて、今シーズンは本当に楽しみ349 表現力は、このクラスでは群を抜いているように思いました。クリーンな2Aが入れば、頭1つ抜け出せそう。彼女は5コンポーネンツの下3つのカテゴリーで点を稼ぐ選手ですね。綾菜ちゃんは、いつも思うのですが、本当に可憐でかわいい子266 岳斗先生の指示を真剣に聞いている様子を見て、「2人とも美しいわ~」と不埒なことを考えてしまった…(汗) 彼女を見るのは3月の全関西以来ですが、また一段と上手くなっていました。スピンやスパイラルもかなり難しいものをしていたような気がします。おそらく今後、狙い通りに認定されなかったエレメンツを見直してくるでしょう。確実にクリーンな2Aを持っていて、コンボと後半にそれが入れられるのが彼女の強み。ブロックが楽しみです257


6級ジュニア男子の橋爪峻也くん、「あ、信成くんに似てる!!」って言ってもらいたいんだろうな~という感じの選手でした。名東FSCの所属で、私は今まで見たことが無かった(or覚えていなかった)のですが、滑り方からスピン入り方・出方、ジャンプの着氷姿勢、おまけに衣装(SPはフライ・ミー、フリーはチャイコ)まで似てました~。プログラムは違いますが、ところどころの振付もそっくり。さすがにジャンプの入り方や軸の取り方はまったく違ってましたが、「信成くんが好きなんだね~」というのが一目瞭然。たしかに上半身の動きはきれいだったので、どうせなら、足元も真似てみて下さい。


8・7級ジュニア女子は、後藤亜由美・中村愛音・青木有葵の3名がエントリー。やはり、この中では愛音ちゃんが群を抜いていました。ただ、本人にとっては、ちょっと不満が残った試合内容だったかもしれません。彼女を見るのは昨年の全日本ジュニア以来だったのですが、まず初めにSPを見たとき思ったのは、「身体がずいぶん大きくなったな」ということ。顔も大人っぽいし、体型も変わっていてました。シーズン始めということもあるんだろうけど、ジャンプが安定しなかったのは、この体型の変化の影響もあるかもしれない。でも、身体が大きくなった分、さらにジャンプに高さが出ていたように思います。SPは3ルッツをコンボで跳ぶはずが転倒し、コンボ無しになってしまいましたが、他は全て加点がつくまずまずの演技。スピンとスパイラルは、おそらくすべてレベル4を狙ったものだと思います。かなり攻めに徹したプログラムのように感じました。フリーも、ジャンプに高さはあるものの安定せず、特に後半は3回転ジャンプが回転不足になるものが多くて残念でした。試合後に見かけたときは、ちょっと涙が目に浮かんでいるようにも見えました。大変だとは思いますが、自分の身体に慣れていくしかないですね、これは。全日本までまだまだ時間はあるし、頑張ってほしいです。SPは昨シーズンのノービスAフリーと同じ「さくらさくら」、フリーはガーシュインの「Rhapsody in Blue」でした。Rhapsody in Blueを聴いたとき、ちょっとキリン柄が頭をかすめました(笑)


ノービスA男子ですが、田中刑事くんがすごかったです22 もう、超ノービスA級の素晴らしい演技でした451 彼の滑走順が諒一くんの3人前だったので、だんだん緊張感が増してきてお腹が痛くなってきたころだったのですが、このひと時は全てを忘れて、ただただ見入ってしまいましたよ272 曲は映画「ローレライ」のサントラだったんですが、重厚感のある音楽と彼のぐっと押してくるようなスケートが本当によく合っていて、上半身も下半身もよく動いていて、最初から最後まで惹きこまれてあっという間に終わってしまった印象でした。ジャンプも後半の3Sで若干後ろにのけぞった以外はほとんどノーミス。シーズン初めにしてこの出来なら…全日本ジュニアがむちゃくちゃ楽しみ454 ところで、昨年の全日本ジュニアのときはそうは思わなかったのですが、彼の滑りのスタイルが町田くんにそっくりになっていました。後で諒一くんや葉菜ちゃんに聞いたら、「ほんまや!むっちゃ似てた!」と言ってたので、たぶん私だけの印象ではないと思います。ただ、「真似してます!」という感じではなかったです。ジャンプの着氷時の手の上げ方とか、ステップのときの上半身の使い方が、「あ、町田くんもこんなふうにしているな」と思わせる感じ。今シーズンのノービスAは、おそらくまた羽生・日野・田中の3強が切磋琢磨していくと思いますが、その中から、ジュニアの上位を脅かす選手が出るんじゃないかな。


諒一くんは、内容としては不満な試合となりましたが、今後の課題もはっきり見えたし、これだけジャンプミスのオンパレードだったのに、スピンやPCSでそれを補ってPBを出せたこともあり、ブロックまでの1つのステップとしては良かったんじゃないかな。それにしてもジャンプミスが多すぎでした。1Aと2F以外、全てのジャンプにマイナスがつくという、いつもの練習からは考えられない内容。2Lo転倒以外はすべてステップアウトかターンオーバーで、このため後ろにジャンプを続けられずコンボが1回しか入れられていない。「ジャンプの点はいりません」と言っているようなものですよね…。ジャンプの安定性とコンボの確実性という大きな課題が残りました。逆に良い点もありました。足換えスピンで、彼自身初めてのレベル3を獲得したことです。これで、目標の「全てのスピンでレベル2以上をとる」メドがたちました。コンビネーションスピンは今回はレベル1でしたが、飯塚では2とれていたし、今回なぜ1判定だったかもわかっているので、おそらくいけるでしょう。全関西の時に初めてレベル2と判定してもらったスピン。あれからもずっと、毎日1番早くにリンクに来て練習してきたもんね!練習の成果が出るのが、本人も1番うれしいと思います。今回は、ミスが続いた時に思わず見せてしまう「あ~あ4343」という態度も見せず(これは試合前に絶対やらないとママと約束していた)最後まで諦めないで滑りきったことも、今後に向けて良かったと思います(当たり前のことなんですけどね)。 試合後、試合の感想と今後の目標を聞きました。「少しミスが目立ったから、もっと(ジャンプの)成功率を上げて、ブロック・全日本ノービスで安定感ある滑りをしたい!西日本はスピン(の得点)で助かったけど、(次は)ジャンプとスピンで60点台を狙う!」とのことです。近畿では、諒一くんのクラスはいつもだいたい門田くん(今回3位)ともう1人今回出いていない神戸の選手との三つ巴になっているのですが、今回の結果を見ても、やはり今シーズンも同じような展開になりそうです。ミスを多くしたほうが負ける。2Aかトリプルを確実に入れられたら頭1つ抜け出せる。頑張れ、諒一~~281282


ノービスA女子。森脇里奈ちゃんと服部優子ちゃん、細田采花ちゃんが印象に残りました。里奈ちゃんは、今年の全関西のときには「あれ?調子悪いのかな??」という感じのスケートでしたが、別人のように生き生きと素晴らしい演技でした。「007」の曲にのって、パンツルックで、バシバシとジャンプを跳んでいました。昨シーズンのような大人っぽい里奈ちゃんもいいけど、こういうはつらつとしたプログラムもなかなか似合うんだな~と思いました。2A、3Lz、3Sはあと少し回転不足でしたが、以前よりも確実にクリーンに近づいてきているなと思いました。彼女はコンビネーション・ジャンプのセカンド・サードに確実にきれいな2Loを入れられるのが強みですね。優子ちゃんのプログラムは、昨シーズンと同じ「剣の舞」。彼女は、見ているこちらも自然に笑顔になってしまうくらい、ニコニコと楽しそうにいつも滑りますが、この大会でもそうでした256 全身を目いっぱい使った表現力は、いつ見てもいいなと思います。2Aは、バランスを崩した着氷になりましたが、スコアを見ると2本とも2A判定でした。意外にスピンやスパイラルのレベルが低かったのでびっくりしましたが、おそらくまたブロックまでには修正してくると思います。采花ちゃんは…もうあれはノービスの滑りではないです22 クラブコンペのときも思ったんですけど、彼女のここ2年ほどの成長スピードはハンパじゃないです。ジャンプは見るたびに高さが出てきているし、トリプルの種類もどんどん増えていってます。本田くんがコーチについた時期とだいたい一致しているので、そういうことなんでしょう。Lz、F、Sとトリプルを入れてきてました。Lzは回転不足でしたが、それ以外は完璧に回転は足りていました。ターンから振り向きざまにポ~ンと跳ぶ2Aは、素晴らしいの一言です。今年の彼女は、かなり期待できそうですよ。


葉菜ちゃんは、中盤の3連続ジャンプの3つ目で転倒した後、ジャンプの着氷ミスが相次ぎ、23位という悔しい結果になってしまいました。10番台に入れなかったのは、彼女にとってけっこうショックだったと思います。順位が出て、先生に報告に行った後客席に戻ってきた葉菜ちゃんの目には、涙涙…263 順位が出る前に「はーちゃん、男の子だったら良かったな…」と弱気なことも言っていましたが、ブロックに向けての課題がはっきりしたし、すぐに気を取り直して、前向きに頑張ると言ってました。PCSはまあまあの点が出ていたし、スパイラルで初めてレベル3認定(出口で壁に激突→転倒しましたが…)をもらえて、毎日頑張って柔軟している効果がが出ているのがわかったし、それほど落ち込む内容ではなかったと思いますが、何にしろ、これまでほとんど見たことの無かった「23」という数字のショックは大きかったようです。この辺の順位は点数としてはかなり団子状態だったので、この団子を抜け出すために、また頑張っていって欲しいです。それにしても、ノービス女子は本当にも混戦でした。「男の子だったら…」という葉菜ちゃんの言葉に、胸が詰まりました…。ノービスに限らず、女子の競技人口が男子の何倍もいて、本当に厳しいのが現状。葉菜ちゃんには、現状にめげることなく少しでも上を目指していってほしいな…。


  • [No Tag]

*Comment

ドキドキしてしまった^^; 

こんにちは!毎日暑いですね!!
ところで、「田中刑事」くんの記事を読んで、もうドキドキしました!!
miyukiさんに、褒めていただけるなんて・・・一体どんな滑りだったのか、私も観たくなりました。ちょこちょこローカルのテレビ局でフィギュアスケートを取り上げるたびに画面の後で滑ってる刑事君(笑)観るたびに大きくなってます。

諒一くんの演技も是非観てみたいです!がんばれ~!!
  • posted by まもー 
  • URL 
  • 2007.08/15 08:47分 
  • [Edit]

>まもーさん 

ホント、毎日猛暑は身体に堪えます…。

刑事くん、本当に素晴らしかったんですよ~! 私が褒めたからといって、一スケートファンなだけですのでなんてことはないんですけどね…。体型がガラッと変わっていて、痩せていたのでちょっと驚きました。お兄さんぽくなるお年頃なんでしょうね。諒一くんとけっこう仲良しらしくて、試合後会場でうろちょろ一緒に行動しているのを見かけました。そういうのは、見ていて微笑ましいです。

諒一くん、もし見る機会があったら、ぜひぜひ応援して下さいね♪
  • posted by miyuki. 
  • URL 
  • 2007.08/15 23:24分 
  • [Edit]

NoTitle 

刑事くん、ゆきひろ君、龍樹君は今年でノービス卒業でしたよね。来年からジュニアに移行してどんな成績を上げてくれるか楽しみです。

僕は愛音ちゃんに今年注目してますが、どうでしょう今シーズン。さくらさくらはやめて、新しいプログラムにしたほうがいいような気もします。なんか愛音ちゃんならもっと大人っぽい曲でもいいと思うんですよ。

それから細田采花ちゃんですが、なんと大阪の放送局の制作番組が千葉テレビで流れて、関西大学のリンクで練習する彼女の姿を見ることができました。まだまだこれからですが、頑張ってほしいですね。
  • posted by Yuki☆ 
  • URL 
  • 2007.08/27 11:49分 
  • [Edit]

NoTitle 

言い忘れたことがあります。

太田由希奈さんのSPですが、トム・ディクソン振付の蝶々婦人になったもようです。

白鳥の湖ではなかったですね。
  • posted by Yuki☆ 
  • URL 
  • 2007.08/27 14:30分 
  • [Edit]

>Yuki☆さん 

刑事くん・龍樹くん・結弦くんは今年でノービス卒業だと思います。この3人がジュニアに参戦するときのためにも、今年は無良くんと町田くんに頑張ってもらって、枠を増やしてもらわねば…。ゆきひろ君て…吉田行宏くんのことですか?彼はもうだいぶ前からジュニアですよね?

愛音ちゃんの「さくらさくら」は、SPとしてそれなりにいい感じのプログラムでしたが、ジュニアとしての彼女の新しい面も見たかったかも。細田采花ちゃんが千葉テレビに映るなんて、すごいですね。彼女の成長スピードはこのところものすごいので、ブロックにはまたこの大会以上に上手くなっていると思います。彼女は野辺山で全日本のシードに選ばれたので、目指すは全日本ノービスの表彰台→全日本ジュニアでしょう。

由希奈ちゃんのSP、先シーズンの白鳥の湖続行ではないようですね。インタビューで彼女自身が言っているので、「蝶々婦人」で間違いないと思います。怪我でシーズン途中から休んだあのシーズンのフリーがすごく好きだったので、SPとはいえまた彼女の「蝶々婦人」が見られるのはかなり嬉しいです。近いうちに、各選手のプログラムの記事を更新しますね。情報、ありがとうございます。
  • posted by miyuki. 
  • URL 
  • 2007.08/29 02:44分 
  • [Edit]

NoTitle 

ゆきひろ君は羽生君のことです。字がわかんなくてひらがなにしたんですが・・・。

今年の男子ジュニアで町田君と無良君のほかに注目なのはアメリカ帰りの村上大輔君。3人で世界ジュニアの枠を争うことになりそう。ただし、4大陸に派遣される可能性もなきにしもあらず。というのも大輔、信成は世界選手権当確として、あと南里君、小塚君、中庭さんで争いますが、4大陸は3人でれると思うのであまった1枠をジュニアに回すのもありだなと。前に北村明子さんと舞さんがジュニア出てましたからね。

女子は選手がいっぱいいるから、世界ジュニアも世界選手権もだれが派遣されるか予想がつかないです。どうなるかなあ。

まずはJRGPが気になります。
  • posted by Yuki☆ 
  • URL 
  • 2007.08/31 17:12分 
  • [Edit]

羽生くんの名前は… 

結弦と書いて「ゆづる」と読むんですよ。最近の子どもの名前は、けっこう読むのが難しいですね。

世界ジュニアは男女とも2枠に減ってしまったので、男子は町田君と無良君でほぼ決まりだと思います。2人ともメダルを狙えるし、行ってもらわないと困ります! 村上大介くんは3Aが2人と同じくらいの確率で跳べるようでないと、今シーズンは2人の間には割って入れないでしょう。彼の成長具合もかなり楽しみです。大阪で7級のバッジテストを受けていたので、近畿ブロックに出てくれないかと密かに期待中です。

女子は、瑠美ちゃん・小月ちゃんの昨シーズン代表組+ジュニア初参戦3人娘の争いでしょうか。トリプルジャンプの数では、お姉さんたちをリードするジュニア1年生が、どれだけ太刀打ちできるかミモノですね。
  • posted by miyuki. 
  • URL 
  • 2007.08/31 23:22分 
  • [Edit]

NoTitle 

未瑠紅ちゃん残念でしたね。ショートはよかったのにフリーで大崩れしちゃって・・・。さっちゃんもどうでしょう。2年連続の世界ジュニアは厳しいかなあ。

次は友毬ちゃん。楽しみです。無良君には優勝を・・・!
  • posted by Yuki☆ 
  • URL 
  • 2007.09/04 18:13分 
  • [Edit]

>Yuki☆さん 

彼女は国際試合の経験はたくさんあるほうですが、やはりジュニアとなると緊張具合も変わってくるでしょうし、この経験を次に生かして、大崩れはナシでお願いしたいですね。小月ちゃんは…まだ序盤だし全日本ジュニアでの巻き返しに期待してるんですけど、他の選手が大勢ファイナルに行くようだと厳しいでしょう。

友毬ちゃんのメダルもありうると思うし、無良くんには優勝してほしいです!! 今週も気合入れて応援していきましょう。
  • posted by miyuki. 
  • URL 
  • 2007.09/05 02:27分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。

*Trackback

トラックバックURL
http://blissonice.blog86.fc2.com/tb.php/123-358b6c98

Menu

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

BlogPet

プロフィール

miyuki.

Author:miyuki.

最近の記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

FC2カウンター

FC2カウンター(現在の閲覧者数)

現在の閲覧者数:
無料カウンター

ブロとも申請フォーム

PikaPika_Atlantis

Present's by
Sun Eternity

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。