Bliss On Ice

フィギュアスケートが大好きなmiyuki.が、思ったことをつらつら書いていく趣味部屋

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

グランプリ ファイナル TV観戦の感想(SP)

男子SP
Pl.NameNationTSS
=
TES
+
 PCS
+
SSTRPECHINDeduction
-
StN.
1Takahiko KOZUKAJPN83.9047.00 36.907.807.207.307.407.200.00#5
2Jeremy ABBOTTUSA78.2642.46 35.807.106.957.207.157.400.00#2
3Brian JOUBERTFRA74.5539.80 35.757.406.507.507.107.251.00#3
4Johnny WEIRUSA72.5037.50 36.007.356.807.307.207.351.00#4
5Tomas VERNERCZE69.3437.34 34.007.056.306.806.906.952.00#1
6Patrick CHANCAN68.0033.30 36.707.607.306.957.407.452.00#6

いやはや。小塚くん、すごいですね~。選手は1試合で1年分の成長をすることもあると聞きますが、彼は、今年のワールドから、今季のGPSまで、1試合1試合の成長率がものすごいなぁと思います。ノービス・ジュニア・シニアと、少しずつ彼が成長する姿を見てきましたが、何、この加速度??という感じ。トリプルの着氷、以前はつまり気味になることがけっこうあったのですが、ポーンと跳んで、スイ~ッっとキレイに降りていましたね。SSが突出tして高いですが、この点だと、おそらく8点台をつけたジャッジが複数いるんでしょうね。流れるようなエッジワーク、こちそうさまです、といった感じです。キスクラで、ぬいぐるみをむぎゅっと顔に押し付けて喜ぶ姿が、可愛かったです。でも、インタビューで、真顔で受け答えする様子は、なんだか大人っぽくなって、カッコよかった。 今日のフリーも、ここ数試合のように落ち着いて、そして彼らしい爽やかな「ロミオ」を演じてほしいですね。そして、今度こそ、3度目の正直でクワドを降りられるといいなぁ75459 余談ですが、韓国のアナウンスでは、「こづか」が「こじゅか」になってしまうんですよね。しばらくは、彼のあだ名が「こじゅか」くんになりそう(笑) もし出場できていたら、町田くんも「たちゅき」って呼ばれてたんでしょうね~。

チャンは、ちょっと見ていると胸が痛くなるくらい、苦しいSPになってしまいましたね。時々、こういう演技になってしまうことがある彼ですが、こういうときだけ、「ああ、そういえば、まだ17歳だった」と思い出します。それ以外のときは、とてもその年には見えないもの。

ジュベールは、動きとしてはまあまあだったかと思いますが…、あの曲であの滑りをすると、ちょっと別の方を思い出してしまいます。クワド、アクセルと決めて、トリプルでコケるというのは、まあよくあるパターン。でも、やはり2シーズン前のようなぶちかますような強さは感じないのね。あまり元気じゃないのかなぁ。

アボットくんは、23にして、SPの演技をまとめるということを体得したようですね(笑) なぜ、確率の悪いクワドをSPから跳んで毎回転んで出遅れているのか、ここ数シーズン疑問でしたもん。滑りも良いし、音をとるのが本当に上手いので、フリーではだいたい追い上げすのですが、あまりにもSPで出遅れるので、なかなか追い上げ切れなかったんですよね。きちっと3Aと3-3と3でまとめたら、こんなにも点が出るんですね。これで、クワドをSPから入れられるようになってきたら…バンクーバーでは上位を狙えるかもしれない。

ジョニーは…、3A失敗が痛かったですね。映像が見られなかったから、他がどうだったかはよくわかりませんが、フリーでなんとか挽回してほしいです。NHK杯の時は、フリーの後半が崩れてしまって残念だったので、良い出来だといいな。おまけに、そうでないと放送してもらえないからねぇ…。

そして、トマシュ・・・今年のワールドから、彼ずっとおかしいですよね。急に身長が伸びてしまった選手みたいに(もちろん、もうそんな年ではないわけですが)、なかなかジャンプが安定しなくて。ステファン・ジェフが引退し、大ちゃんがお休みしている男子シングルで、彼もジュベもライサも精彩を欠いていて、寂しいです。

女子SP

Pl.NameNationTSS
=
TES
+
 PCS
+
SSTRPECHINDeduction
-
StN.
1Yu-Na KIMKOR65.9435.50 30.447.807.307.657.657.650.00#6
2Mao ASADAJPN65.3835.70 29.687.657.107.457.557.350.00#4
3Yukari NAKANOJPN62.0834.20 27.887.156.707.007.056.950.00#2
4Carolina KOSTNERITA55.8828.80 28.087.306.757.056.957.051.00#3
5Miki ANDOJPN55.4428.60 27.847.156.607.007.106.951.00#1
6Joannie ROCHETTECAN50.4823.00 27.487.206.556.757.006.850.00#5

友加里ちゃん、ちょっとステップからのルッツの着氷が怖かったけど、他は落ち着いていましたね。スパイラルの時の笑顔、今季最も”自然な”感じに見えました。ステップ中にう自然にこぼれた笑顔も良かったです。インタビューでは、やはりルッツの着氷のことなど、細かい点が頭にあったのか、「もっともっとできる」と、反省もしながら、フリーに向けての気持ちを整えている彼女を見て、今回は大丈夫だなって思いました。NHK杯は、めずらしく安心して見ることができなかったから。スコアとしてはシーズンベストだったけど、フリーは、友加里ちゃんの中でのシーズンベストの滑りができるといいですね。

真央ちゃんは、コンボのセカンドの着氷が微妙だったけど、たぶんルッツは「e」ではなく「!」ですみそうな感じに見えました。得点が出た瞬間、ダウングレードだなと思いました。おそらく、キスクラの真央ちゃんも、そうのように思ったからあの表情だったんでしょうね。

コストナーは、決まればものすごい迫力の大きなジャンプなのですが、失敗する時もまた豪快なんですよねぇ…。ただ、SPでミスすると、フリーで脅威の追い上げをしてくることが多いので、真央ちゃんもヨナも友加里ちゃんも、きっちり自分の滑りをしないと、あっという間に抜き去られてしまう可能性も。そういう神演技を見てみたいですけど、友加里ちゃん・真央ちゃんにも上に行ってほしいわけで。複雑だわ~。佐野先生みたく、「日本人ですから!」とか言ってみちゃう??(笑)

ヨナは、相変わらずフリップがルッツなのね…。真央ちゃんのルッツがフリップといい、なかなか直すのは難しいんですね。キレイに直した美姫ちゃんと小塚くんは、エライ!

**************************

それにしても、またしても…すんごい番組構成でしたね 男子4人放送したのに、4位のジョニーの放送は無し。その男子の放送も、まるで女子の前座扱い。まあ、3人でなくて4人放送しただけまし?

そして、ジュニアも同時開催されてるんですけどぉ~~と教えてあげたくなるぐらい、まったくのスルーですね。女子が2位に入っているというのに…。ダイジェストでもいいから、見せておくれよう(涙) ゆっこちゃんも佳菜子ちゃんも頑張りましたよね。どこかで、映像を拾えないか、探してみよう…。

  • [No Tag]

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。

*Trackback

トラックバックURL
http://blissonice.blog86.fc2.com/tb.php/352-da22f323

Menu

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

BlogPet

プロフィール

miyuki.

Author:miyuki.

最近の記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

FC2カウンター

FC2カウンター(現在の閲覧者数)

現在の閲覧者数:
無料カウンター

ブロとも申請フォーム

PikaPika_Atlantis

Present's by
Sun Eternity

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。