Bliss On Ice

フィギュアスケートが大好きなmiyuki.が、思ったことをつらつら書いていく趣味部屋

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

町田樹&吉田行宏 インタビュー -その2-

町田樹&吉田行宏 インタビュー -その2-

9.他のスケーターの衣装のうち、印象的なものはありますか?また自分も着てみたいと思ったものはありますか?

Y:つなぎ着たことないから、つなぎ一回着てみたいです。

M:動きやすいよ。

 ―誰のつなぎが印象に残ってます?

Y:印象っていうか、やっぱり会うことも多いから樹のつなぎとかはよく見るし。

 ―ああいう感じ…。つなぎのほうが動きやすいんですか?

M:(コクコクうなづく)

―日本の選手って、あんまりつなぎ着ている選手いないですよね。

Y:あ、でも直人くん(注:斉藤直人くんのこと)とか

 ―柴田嶺くんとか。

Y:ああ、嶺くん着てますね。嶺くんの衣装、けっこう好きです。

M:あれ、いいよね。「火の鳥」の衣装は「火の鳥」ってわかるもんね。

 ―では、樹くんは?

M:僕は…ゆっちの衣装の着にくさにはびっくりしました(笑)

Y:(爆笑)

 ―着てみたことがあるんですか?今のフリー?

Y:今のショート。め~っちゃくちゃ着にくいです!

M:あれは、一回着るプロセスをしてみたい。

Y:マジ、俺、ジュニア(注:今シーズンの全日本ジュニア)んとき、テンパってたもんな~。「ヤバイって!もう始まるって!!」って(笑)

 ―そんなに着にくいんですか。

Y:(後ろの)チャックを改造してボタンにしたんですけど、たぶんボタンが15個ぐらいついてる。

 ―ええぇぇええっ!?着るの大変そう・・・。上から着るんですか?

Y:いや、前から着て後ろで閉じるんですよ。最初は全部チャックでやりやすかったんですけど。

M:ボタン、ぺっちんぺっちん、かけて、ぺっちんぺっちん、かけて、ぺっちんぺっちん、かけて…(と、ボタンとホックをかけるジェスチャー)

 ―ええぇ~、そんなの自分で着られるんですか?

M:だから、毎回俺が、試合終わったらマネージャーみたいになって。なっ?

 ―へ~、自分で着られない衣装だったんだ…。

Y:最初は全部チャックだったんですけど、背中がぼわぼわなってダサイつって。

 ―ああ、背中が波打つみたいになっちゃったんでしたね。

Y:ならないようにしてくれって言ったら、ぱっちんぱっちん、かけて…みたいなのになっちゃって。

M:ホンマ、ぱっちんぱっちん、かけて…みたいなんですよ。だから、逆に着てみたい。

Y:マジ、めんどくさいよ(笑)

10.アイスショーやエキシビプログラムを滑るのは好きですか?

Y:好きです(キッパリ)。

M:好きです(キッパリ)。

11.6種類のジャンプ、好き(得意)なものを上から順番に3つ挙げて下さい

Y:好きまたは得意?好きで得意なのはフリップ。好きなのはアクセル…得意ではない(笑) 3つ目って何だろう…。アッ!サルコ、サルコ、サルコ!忘れてた。サルコウ大好き人間。

 ―サルコウってあんまり失敗しませんよね。いつでも大丈夫みたいな。

Y:うん、サルコウ好き。4回転やるなら、サルコウ。

M:俺は…俺もフリップかな。あとはもう、全部一緒な感じ。

―全部一緒?

M:うん、苦手意識とかもないし。今はホントにどのジャンプも苦手意識無いから、嫌いなのはないです。

 ―じゃあ、以前苦手だったのは?

M:2年前とかだったらループだった。

12.ジャンプ以外(スピン、ステップなど…)で好きなのは?

:(考え込む)

M:スピンかステップやったら、もちろんステップやろ(笑)

 ―スピン、ステップ以外にもいろいろあるじゃないですか。スパイラルとかイーグルとか…。

M:まあ、ステップかな。

Y:最後の挨拶でええんちゃうん(笑)

M:あ~、あれも深いよね(笑)

Y:最後のこのポーズとか(樹くんのフリー「白鳥の湖」最後のポーズのジェスチャー)。

13.標高が高いところと低いところ、どちらで滑るのが好きですか? 

Y:(ハイ、と手を挙げて)高いところで高山病になりました!

M:お世話しました~!(注:06年JGPメキシコ大会に2人そろって派遣されています。ここで、ゆっちが高山病になってしまい、7回も吐いて、同室の樹くんが看病したそうです)

Y:7回吐きました。前日のお昼ご飯まで、出てきました(笑)

 ―だから、あんまり(好きじゃない)?

M:でもね、高いところは、ジャンプが軽いから次なるステップに行けるんだよね。キツイけど。

Y:4回転跳んだもんな!

M:(高いところも低いところも)どこでもいっしょだよね、たぶん。プラスマイナス。

Y:うん、あの時(具合が悪くなったの)はたぶん、もともと具合悪かったやんろうな。そのせい。

 ―ジャンプが軽くなるのは、お二人とも思いますか?

Y:それは、ハイ、思います。

M:(うなずく)

 ―高地での試合では、トップ選手でも、特にフリープログラムなどの終盤でよろよろになってしまうことが少なくないみたいです。たとえば、コロラドで行われたグランプリファイナルとか、けっこうそういう選手を見ました。そういう点は。

Y:しゃーないよなぁ、それは。

M:実際本番になったら、一切そんなことは頭から消えるから、あんま関係ないかな。結果的にそうなっているだけで。

Y:記憶ないからな…(笑) 僕、6分間(練習)滑んなかったですもん。

 ―あ~、で、本番に出てきたときに、「えっ、棄権じゃなかったの?」って言われたんだったっけ。

Y:そうそう。で、滑って、4分終わって、キス&クライじゃなくって、なんか救急隊員みたいな人にソッコーで血圧測られて…みたいな状況でした。

 ―すごい状況だったんですね…。


14.硬い氷と軟らかい氷、どちらで滑るのが好きですか?
M:どっちかというと、軟らかいほうが好きかな。
Y:僕も臨海で慣れちゃったから、軟らかいほうが好きです。昔、硬いほうが好きだった。

15.エッジはピンピンに研磨するほうですか?
Y:平気でけっこう放っときます。(樹くんに)お前、ぴんぴんやろ?
M:わりとね。

16.スケート靴は、いつもどちらの足から履きますか?
Y:右!

M:左!えっそうなの?
Y:うん、絶対右。
M:絶対左。
 ―それは、なぜ?
M:絶対しっくりくる。
Y:(違う足から履くと)気持ち悪いよね
M:そうそう!やっちゃん(注:南里康晴くん)も言ってたけど、そう。
 ―へ~、私どっちだろ?私は右だ。ま、私はどうでもいいや(笑)


17.トリプルジャンプを跳ぶコツってありますか?

Y:練習。

M:練習。ひたすら練習だと思う。コツは、練習して自分で分かるんだよね。

Y:人それぞれ絶対違うんだよね。

M:そう、絶対違うから。ポイントがね。


18.(ゆっちに)大西コーチはどんな先生ですか?こわい、おもしろい…など。(町田くんに)秦先生、小泉先生はどんな先生ですか?

Y:めちゃくちゃこわいし、でも、どの先生よりもおもしろいと思う。誰よりもおもしろい。

M:秦先生は…タフ、ですね。小泉先生は…おもしろい時もあるし、すごいこわい時もあります。っていう感じかな。熱いです。うん。

 ―熱い…うん、熱いですね~。

Y:まあ、熱さで言ったら、大西先生も負けないですよ。

M:だから、それが大事なんだよ。

 ―熱くない先生っていますかね。みんな熱い気がします。

Y:いないよね、たぶん。

 ―みなさん、ヒートアップしてますよね。



町田樹&吉田行宏 インタビュー -その3- に続く。

  • [No Tag]

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。

*Trackback

トラックバックURL
http://blissonice.blog86.fc2.com/tb.php/409-fc5af7df

Menu

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

BlogPet

プロフィール

miyuki.

Author:miyuki.

最近の記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

FC2カウンター

FC2カウンター(現在の閲覧者数)

現在の閲覧者数:
無料カウンター

ブロとも申請フォーム

PikaPika_Atlantis

Present's by
Sun Eternity

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。