Bliss On Ice

フィギュアスケートが大好きなmiyuki.が、思ったことをつらつら書いていく趣味部屋

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

町田樹&吉田行宏 インタビュー -その3-

町田樹&吉田行宏 インタビュー -その3-


19.振付師さんについて。(ゆっちに)中島先生・(町田くんに)荻山先生はどのような振付師ですか?

Y:めっちゃ振付がはやいです。

 ―はやいのは、もう先生の頭の中に全部どうしようというのがあって、サクサク進むということですか?
Y:なんか、、ちょっと振付が進んだら、他の先生だったら、「わかった?じゃあここまで練習して」とか、「ここまで覚えて」って言ってくれるんですけど、中島先生は、ちょんちょんちょんってやって見せて、僕も真似して。で、「じゃあ」ってもう次(の動き)にいくんですよ。だから、ストレートラインステップとか一瞬でいってしまうので、けっこう大変!

 ―でも、忘れたりしないんですか?

Y:忘れる選手は、中島先生だと難しいですね。

 ―じゃあ、覚えるのが早くないとダメなんですね。

Y:まあ、聞いたら教えてくれますけど、とりあえず早いです。ハイスピード。

 ―テンポよく進むんですね。振付はどのくらいで終わるんですか?

Y:最近は泊まりで何日かけるようになったんですけど、最初のころは1日でフリーとか。

 ―1日でフリー!?

Y:最初のころは。今は違いますよ。

 ―樹くんはどうでしょうか?

M:華乃先生も早いかな。華乃先生は、もともと用意してるんじゃなくて、その場で…。

Y:思いつきだよ、俺のとこも。

M;そう、その場でのインスピレーションみたいな、そんな感じ。

Y:もともと用意しているしている人っていなくない?

M:いないよね。まあ、用意している人もいるいるやろうけど。

 ―でも、一応こんな感じとは頭に描いているのでは?

Y:まあルートぐらいは用意してるかもしれないけど。

M:いや、華乃先生は全く。音楽編集してくるだけだと思う。たぶん。その場でどんどん作っていく感じ。

Y:中島先生、この音でステップ、とかっていうのはあるらしい。

M:あ、それはあるだろうね。

 ―ここからここまでがステップで、ここでスピンで、みたいなのはあるけど、どんなスピンにするかとか、どんな動きを入れるとかは…。

M:ないですね。

Y:まったく。

 ―その場のインスピレーション?

い。

 ―じゃあ、ふと思いついて、「やっぱさっきのやめて、こっちにしよう」みたいなことはありますか?

M:もう5回くらいそういうふうに変わったりすることありますよ。「あ、もうここ無し!」みたいな。

Y:中島先生は、そういうの無いわ、それ。

M:「えっ?ナシ??せっかく覚えたのに…」とかあるもん。「え~、ムリ~」とか思って(笑)

 ―でも、言わないですよね。

M:言わないです。

Y:無いな。しかも、中島先生すごいのが、その年に作ったプログラムだったら、だいたい全部覚えている。

 ―自分の意見とか、自分がこうしたいとかいうのは、振付師さんに言いますか?

M:最近は、華乃先生からよく、「どうする?」って相談してくれるようになって。だから、お互い話し合いながら、やりやすい方向に持っていってます。

 ―自分がこういうポーズや振りを入れたいとかを伝えるんですか?

M:あ、そういうのは任せています。だって、僕よりいろんな世界を見てきているし。すごくいろんなジャンルを知ってるし、踊りに関してはすごい考えている人だし、すごい尊敬しています。憧れるっていうか。僕のプログラムを踊っている時、僕より先生のほうがカッコイイです。ホンマに。

 ―(華乃先生が)他の選手を振付けているのを見たことがありますけど、本当に、カッコよかったです。選手よりも。

M:本当にもう、ダンサーですよ。アーティストって感じ。

Y:中島先生もカッコイイ。

 ―中島先生もですか。

Y:カッコイイっすよ。

M:ホンマにもう、俺ら(先生の手本のように)なってんのかなって、不安になるもんな。

Y:ホンマ、ビビるよな、マジで。

M:アレになってる?俺。って。

Y:しかも、手足長いんよな~。

 ―一生懸命、先生たちの振付を真似するんですね。ゆっちは、自分の意見とかこうしたいとか言いますか?

Y:僕も、ポーズとかは中島先生に完全に任せています。でも、今回フラメンコなんかは、事前にフラメンコのDVDを見せてくれて、「これ見てイメージつかんどいて」みたいな感じで言われて。

 ―なるほど、もうそろそろ、振付師さんの言うとおり動くだけでなくて、自分の中でのイメージとかを持たなきゃいけない段階ですね。

Y:みたいです。

20.家族にスケート経験者はいますか? 

Y:姉。
M:妹。

Y:やってたの?さくらちゃん(注:町田くんの妹です。)

M:やってたよ。シングルアクセルまでやってたよ。

 ―スケートヒロシマのプログラムの後ろのほうの歴代入賞者一覧を見ていたら、「町田さくら」ってありましたね。

Y:へ~。

M:こんな時ね(樹くんのお腹のあたりの身長、というジェスチャー)

Y:こんな時が1番楽しいよね。

 ―冴希ちゃんは(ゆっちのお姉さん)、だいぶ長いことやっていましたよね。

Y:ダブルアクセルは上手でした。怪我しちゃったからね。怪我して、でもそれでも3,4年は、なんだかんだやってたんですけど、でもやっぱりだめだからって、高3ぐらいでやめたんです。

21.(町田くんに)関大のリンクでも練習されていますか?

M:今はしてません。またすることになるかもしれませんが、現在は行ってないです。


町田樹&吉田行宏 インタビュー -その4-  に続く。

  • [No Tag]

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。

*Trackback

トラックバックURL
http://blissonice.blog86.fc2.com/tb.php/410-9f339b07

Menu

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

BlogPet

プロフィール

miyuki.

Author:miyuki.

最近の記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

FC2カウンター

FC2カウンター(現在の閲覧者数)

現在の閲覧者数:
無料カウンター

ブロとも申請フォーム

PikaPika_Atlantis

Present's by
Sun Eternity

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。