Bliss On Ice

フィギュアスケートが大好きなmiyuki.が、思ったことをつらつら書いていく趣味部屋

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

第2回 氷の甲子園 その2 (14日・本選&エキシビション)

午前中は、前日に予選が行われたノービスB・A、ジュニアの3カテゴリーの上位3名の選手による決勝の試合でした。残念ながら、男子は予選=決勝で、この日は表彰式のみ。

ノービスB
優勝した石丸うららちゃんと力丸夏帆ちゃんが印象的でした。うららちゃんは、この日も素晴らしいルッツジャンプを跳んでいましたよ。夏帆ちゃんは、踊り心がある選手。表現使用という気持ちがこちらにも伝わってきます。

ノービスA
前日の予選1位の木原万莉子ちゃんが、なんとこの日の朝の練習で捻挫してしまったそうで、渡辺里依ちゃんと宮原知子ちゃんの2人のみ。渡辺里依ちゃんは、ジャンプを確実に降りていた印象です。2Aの精度が、以前より増したように思います。知子ちゃんは、この日も圧巻でした。前日の予選を見たときは、あまりのすごさに圧倒されてしまったのですが、この日も本当に素晴らしくて。圧巻という言葉がピッタリでした。よく動き、よく滑り、よく跳び、よく回りっていました。まばたきしたら、何か見逃してしまうんじゃないかと思うくらい。コンビネーションスピンも、逆回転~順回転、何らの不自然さも無く、しかも相当のスピードで回っていて、一瞬、どちらの回転が彼女の順回転なのか、わからないぐらい(彼女は、元々回転が普通の選手の逆で、右回りだったらしいです。今は、左に矯正しています)。あ~、やっぱり凄かった。スピードも、以前より増していて、迫力さえ感じます。ブロックで彼女を初めてご覧になられる方、小さいからといってあなどってはダメですよ~。彼女、めちゃくちゃすごいんですから!

ジュニア女子
上野沙耶
前日と同じ「序奏とロンド・カプリチオーソ」。おそらく、新しいフリーだと思われます。大人っぽくなった彼女に、この曲はぴったりだと思います。情感のある表現でした。序盤の3T、3Sはきれいに降りましたが、終盤にジャンプがダブルに抜けてしまいました。滑り込んでいったら、もっともっと素敵なプログラムになりそうです。

細田采花
前日していた黒い手袋は、この日は無し。そのほうが手の動きがよく見えていいと思いました。最初はターンから振り向きざまにいきなり2A!彼女の得意なジャンプですよね。3Sなど、決まったジャンプは本当にきれいでした。ミスはありましたが、伸びやかで、身体全体を使った大きな演技。少し、背が伸びて大人っぽくなったけど、笑顔はとってもかわいかったです。

村元哉中
前日と同様、淡々とした感じ。最初の3Tはきれいに入ったけど、2Aがステップアウトしたりすっぽ抜けたりするなど、少し動きが硬かったかな。スパイラルのポジションが、すごくきれい。ママによると、たまった疲労が足にきていて、しんどいのだとか。前の週は、期末試験のために1週間滑れずに勉強漬けの日々で、やっとそれが終わって、もう夏休みだそうです。

午後は、吹奏楽部の演奏で学歌斉唱。佐藤信夫先生も、口ずさんでいらっしゃって、友だちと「自分の出身大学の校歌って、覚えてないよね~」という話題に。次に、理事長さんの挨拶。これが、また、長い長い で、結局内容は覚えていないの(笑) 久々に学生時代の朝礼のことを思い出しましたよ。うちの中学の校長も、話が長くて、夏は毎週生徒が炎天下の中何人も倒れていったな・・・とか。 その後、学長さん挨拶。学長さんの挨拶は、長かったけど、ユーモアもあり面白かったです。そのまま、表彰式に突入した後も、学長さんは大活躍でした。

表彰式
佐藤信夫先生が賞状や花束プレゼンターをされていました。そして、学長が台の上の選手たち、一人ずつにマイクで一言ずつ感想を聞いておられました…と言えば、普通なんですが、実際は、「関大においでな」口撃を全員にしていたのでした(笑) 男子クラスの表彰式での一コマを紹介すると、まず優勝の湯浅諒一くんに「君、何年生?あ、中2。大学はどこに入りたいん?」「…関西大学です」「あ、そう、もちろんそうだよね」→2位の市橋翔哉くんに、「君は小6か。高校はどこに入りたいのかなあ?」(諒一くんが何やら耳打ち)「…関西大学です」「ああ~、そう(うれしそうに)。いいとこやから、おいでな~」 その後のジュニア女子の表彰式でも、学長の「関大においでな~」口撃は止まらず(笑) 「大学はどこにいきたいん?」と全員に聞いてらっしゃいました。答えは全員、「関西大学」と、ちゃんとノリのわかる関西人な選手たちだったのでした。東京の友だちが、「この『関大においでな』っていうニュアンスの表現って、関東には無いなあ。『関大に来たら』とか『関大に来なさいね』って、ちょっとキツイ感じだし」と言っておりました。たしかに、「おいでな~」って、ちょっとユルイ感じというか、強制されてる感が無いですね。お願いするよりは強く求めているのに。「○○しぃな~」って、普段何気なく使っている言葉だけど、考えたら深いなあ。なんて、比較文化の話題になりました。

続いて吹奏学部のコンサートが行われました。最初の1曲は、中座していたのでわからないのですが、帰ってきたら、「UFO」にあわせてノリノリで左右に揺れる友人たちの後姿が。「だって、『みなさんノってください』って言われたから~」と、何やらすごく楽しそうだったので、私もノリノリの一員に(笑) 正面の高い座席に座っている学長さんも、身体を動かしたり手拍子したり、楽しそうでした。そのお隣で、佐藤先生は微動だにせず・・・その対比がおもしろうございました。

その後、大ちゃんのご挨拶。第一印象…黒い…いやいや、元気そう。顎のヒゲが気になります。トレーニングで日焼けしているのかな。大ちゃんは、いつもの大ちゃんでありました。挨拶内容は、もう各所で確認できると思うので省略しますが、意欲的に練習できているようです。学長への挨拶を忘れそうになったり、キョドッた感じで引き上げていく後姿は、相変わらずな大ちゃんだったのでした。早く、滑っているところが見たいな。

エキシビション。

宮崎勇人
新しいSP「ファントムメナス」。衣装は今季フリーの「ナザレの子」と同じ。おどろおどろしい雰囲気の曲で、これまでとイメージがだいぶ違う曲だけど、意外によく合う。練習では、3Tや3Sをよく降りていて、調子良さそうだった。今シーズンは、怪我に苦しんで、トリプルがなかなか入らなかったけど、もう元に戻ったように見える。本番は、3Tはきれい、3Sは転倒してしまいました。

西上順三
今シーズンのSP「医龍」。ちょっとジャンプのミスが多くて、残念な出来でした。軸の細い順三くんのジャンプは、決まると本当にダイナミックできれいなのに。オフシーズンということもあるのかもしれません。最初のジャンプは、3Aを跳ぼうとして3回転ぐらいで前向きに降りてきたので、ヒヤッとしました。髪の色が、かな~り茶色くなっていて、最初に見たときはびっくり。

三木遥
「大奥」、たぶん新しいSP。衣装は先シーズンの「SAYURI」の時の、黒地に桜の花がはらはらしている衣装。それを滑ったシーズンにも思ったけど、彼女には、美しくて強い女性をテーマにしたプログラムがよく似合うと思います。今シーズンの「カルメン」も、すごく好きでした。西日本選手権で、1人差で全日本を逃した時の涙を流す姿は、今思い出しても胸が痛くなります。4回生になり、おそらく、次のシーズンがラストシーズンになる遥ちゃん。再び全日本に出て、今度は笑顔の遥ちゃんが見たいと思います。

平井絵己&水谷大洋
「Sing Sing Sing」。エキシビナンバーで、作ったばかりだそう。ハットを使って、コミカルな動き・表情も織り交ぜて、可愛らしく華やかなプログラムでした。2月にユニバに出たときのパートナーは湯澤綾人くんでしたが、お家の事情で組み続けられなくなってしまい、新たに3ヶ月前から組始めたそう。大洋くんのリードが上手いのか、絵己ちゃんのダンス技術が上がったのか、その両方かもしれませんが、すごく「こなれた」感じに見えました。ステップの動きも良く合っていたし、これからが楽しみです。終わった後に少しお話したのですが、今は、大洋くんと一緒に関大で練習しているそうです。試合は、おそらく西日本から出るとのこと。「樹くん、すごく良かったですねぇ~」と、すっかり樹くんファンであることがバレてしまってて、若干恥ずかしかったです。

製氷。

後半グループは、小月ちゃんと岳斗くん、武史くんと亜紀ちゃんという、2組の師弟が一緒に練習滑走という、ちょっと不思議な光景。樹くんのジャンプの調子がすごく良くて、ずーっと見とれていました。

村元小月
「黄昏のワルツ」。最初の3Loで転倒。練習でも苦労していたのですが、さっちゃんがお尻を打つと、前回の怪我のこともあってヒヤヒヤします。3S- 2T、2Aは難なく降りました。長い手足を上手く使った、たおやかで美しいプログラムでした。激しすぎないゆったりとしたサーキュラーステップが、かなり私好みです。

町田樹
Rhythmicolorful! のほうに、これでもか~ってな具合にしつこくレポしてますので、ご参照下さい。

金彩華
「エビータ」。彼女の演技は、学連の試合かこういう時にしか見られないので、貴重です。要素からしてSPかなぁ。ジャンプは、練習の時に比べたら、本番はミスを最小限に抑えられたと思います。大人っぽい彼女にはぴったりの選曲だと思いました。

澤田亜紀
「ムーランルージュのボレロ」。関関戦の時よりも、つなぎの部分が細かくなって、試合用プログラムに仕上がってきた感じ。「スピンでミスするかも~」みたいなことを事前に言ってたのに、失敗したのはジャンプでした330 本人も、反省しきり。まだまだオフシーズンということもあり、これから徐々に調子を上げていってほしいと思います。

田村岳斗
「マラゲーニャ」。これを振り付けたビリー・チャペル氏が、この春に亡くなってしまったので、追悼という意味もあって、この日に滑ることにしたのだとか。昨年の今ごろは、ファミリーネームがわからなくて、私の中ではブートキャンプさんだったビリーさん。まだたしか60代だったそうで、残念でした。

で、岳斗くんですが、素晴らしい出来でしたよ。練習では、3Sに苦労している印象にでしたが、本番は全てしっかり降りました。一つ一つのポーズがバシッと決まって、カッコ良すぎです!3Lzや3Tの着氷の美しさと言ったら!昨夏以来久しぶりにこのプログラムを見ましたが、やっぱりイイですね~。終わった後のご本人も満足げに自ら拍手460でも、ちょっとお疲れモード?笑いもきちんととる素敵な岳斗先生だったのでした。

本田武史
「ハナミズキ」。PIWのときより、少しふっくら気味に見えましたが、動きはシャープでした。最初の3Tは、軸がかなり曲がっていたのに、力できれいに着氷してました。ちょっとジャンプの着氷が危うかったけど、大きなミスは無し。美しいイーグルや腕の動きに、今の現役のどの選手にも無い情感を感じます。

織田信成
「トスカ」。練習では3Aが不安定だったけど、本番はきれいに入りました。オフでも、エキシビションナンバーの中盤に3Aを入れられるということに、コンディションの良さが伺えます。3Lz-3Tのコンビネーションジャンプも、着氷がすい~~っと流れてきれいだった。私は、信成くんのスピンやステップが好きなので、スケーティングや上半身の動きが目立つこのプログラムは、それほど好みではなかったのだけど、見納めかな~と思うとちょっと寂しかったりして。良い出来の演技が見られて良かったです。

フィナーレでは、エキシビを滑った選手が一人一人コールされて、全員出てきたところで信成君がご挨拶。全員横一列で記念撮影の後、リンク内を一周して終了~~。

その後、リンクの前の芝生で、大ちゃんと信成くんの囲み取材が、快晴の青空の下まったりのどかに行われておりました。樹くんも、何件か取材を受けていました。

*****************************

14日に撮らせていただいた写真(無断転載はお断りします)


男子クラス優勝の湯浅諒一くん。メダルが切れてしまっているので↓

ハイ、こんな感じです。けっこうしっかりした作りですね~。

賞状はこんな感じ。



表彰式はこんな感じ。この後、学長の怒涛の「関大においでな~」口撃が・・・




平井絵己ちゃんと水谷大洋くん。新しいダンスカップルに、期待が高まります!



*****************************

ここから、余談。

帰りに、関東人3人と関西人3人でご飯を食べることに。「粉もんが食べたい~」と主張する方のために、携帯で検索し、聞いたことのある店が近くにあることを確認。方向音痴の私が、地図を関東人に見せて連れて行ってもらう(笑) そこで、「関東人は、お好み焼きをピザ切りにする」という衝撃の事実に直面!「え~、お好み焼きって、タテタテタテ、ヨコヨコヨコに切るもんですよぅ」と主張してみた。「えっ、そんなことしたら、平等な大きさに切れないじゃん。はしっこの小さいほうをもらった人が、イヤじゃん」と言われ、関西人は、一部を交換して食べることはあっても、全体をみんなでシェアして食べることがほとんどないことに気がつく。で、結局、そういう理由からであろうという結論に。関大学長の「関大においでな~」に引き続き、東西の文化の違いに触れた一日でもありました。
  • [No Tag]

*Comment

関大に・・・ 

miyuki.さん こんばんは。レポありがとうございます。
色々と気になる選手はいますが、やっぱり宮原知子ちゃんですね。初めて彼女を見たのは昨年の京フェスでした。電光掲示板に4年と書かれてたので、あぁこの春卒業かと思っていました。なにやら小っちゃな子が出てきたので、フラワーガールかと思ったらそれが彼女でした。小学校4年だったのですね。
その時も両回転スピンを披露してくれました。
昨年のブロック表彰式では間近で見ることが出来ましたが、あまりの小ささにびっくり(2位の加藤利緒菜ちゃんのほうがさらに小さかったのですが)。全日本ノービス連覇中だったと思いますが、ノービスAでも頑張ってほしいですね。
木原万莉子ちゃんは残念でしたね。ブロックには体調万全で臨んでほしいと思います。
宮原知子ちゃんや木原万莉子ちゃんは『関大においでな』って言われると困っちゃうかも・・・。まぁそのへんは関西人のノリでってことで。ではまた。
  • posted by toku 
  • URL 
  • 2009.06/21 02:13分 
  • [Edit]

Re: 関大に・・・ 

宮原知子ちゃんは、コアなスケートファンからかなり注目されていますね。氷の甲子園のときも、写真を撮らせてもらっているファンがいました。

私が彼女を見たのも、京都フェスでした。彼女が、たぶん初めてたくさんのお客さんの前で滑った時だと思います。まだ、ウォーミングアップするのさえ、1つ1つ先生が指示をしていて、まごついていた姿が可愛かったです。でも、演技には度肝を抜かれましたよ。

現在、ノービスBを連覇中の彼女。ノービス4連覇への最大の関門は、ノービスA1年目の今年だと思います。2年目のお姉さん方は、トリプルを4種類、5種類と跳んできますからね。でも、彼女を見ていると、可能性はけっこうあるように思えます。これからも、注目していきましょう。
  • posted by miyuki. 
  • URL 
  • 2009.06/24 00:01分 
  • [Edit]

NoTitle 

こんばんは!遅くなりましたがレポありがとうございます!
私と一緒に行った方が宮原知子ちゃんのファンみたいで写真を撮っていました(miyukiさんが見かけた方かも知れませんね)
私は彼女をはじめてみましたが両方向回転のスピンなのにどちらもスピードに差が無いのにはびっくりしました。普通、いつもやってないほうはスピードが落ちますよね?
そして、入賞選手への「関大においで」攻撃にも笑いましたね。確かに関東の大学ではそこまで言わないかなー(ちなみに、私結婚するまでは関東に住んでた人間なので)
学長さん、商魂たくましーって感じでしたね(笑)
  • posted by くっこ 
  • URL 
  • 2009.06/25 22:18分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。

*Trackback

トラックバックURL
http://blissonice.blog86.fc2.com/tb.php/450-4d941b75

Menu

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

BlogPet

プロフィール

miyuki.

Author:miyuki.

最近の記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

FC2カウンター

FC2カウンター(現在の閲覧者数)

現在の閲覧者数:
無料カウンター

ブロとも申請フォーム

PikaPika_Atlantis

Present's by
Sun Eternity

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。