Bliss On Ice

フィギュアスケートが大好きなmiyuki.が、思ったことをつらつら書いていく趣味部屋

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

中部ブロック(10/2 追記)

最終日だけ見てきました。

この日見た中でのハナマルは、あっこちゃん、無良くん、隼規くん、佳菜子ちゃん、昌磨くんでした。

特に、あっこちゃんと佳菜子ちゃんは、場内スタオベの素晴らしい演技でしたよ(^o^)


〈女子フリー〉

・鈴木明子
あっこちゃんのフリーは、もうすでに飯塚杯やFOIでお披露目されている通り、「ウエストサイド・ストーリー」。このプログラム、きっと今シーズンが終わる頃には、「鈴木明子といえば『ウエストサイド・ストーリー』」と言われるほどのプログラムになっていると思います。振付が本当に彼女によく似合っているし、また彼女の表現も素晴らしいんです。曲のつなぎ方もいいし、メリハリがすごくあって、最後盛り上がるところでストレートラインステップ→フィニッシュ、という構成なので、見ている側も一緒に気持ちが盛り上がります。飯塚杯では、ジャンプがかなり不調だったにもかかわらず、終わった後はプログラムの秀逸さばかりが印象に残っていました。今日は、ジャンプもほぼ完璧だったから、なおさら感動しました。細かい音までよく拾う、かなり複雑な振付なのに、まるで簡単であるかのように軽やかに踊っていましたね。最後のストレートラインステップは、ステップのためではなく踊りを魅せるために作ったかのようでした。彼女自身が、すごく楽しんで滑っているんだろうなあって思えるような、そんな感じ。コンビネーションジャンプが2本しか
入っていなかったので、たぶん、本来は単独の2Aの後ろに3Tをつけるんだと思います。ただ、今回はコンボにしなかったせいか、その単独の2Aの着氷後の流れが素晴らしくキレイでした。総合182.7(最後の1ケタは聞き取れず)。ブロックとはいえ、かなりの高得点でした。あー、このプログラム大好きだなあ(^-^) 

・後藤亜由美
中近東系の曲で、プログラムには「ICARE」となっています。飯塚杯でも思いましたが、この曲でフリー4分滑るのは、本当に難しそうです。メリハリがはっきりしない音楽で、自分でメリハリつけなきゃいけないし、そこに、昨シーズンよりトリプルが増えてて、大変だなあと思います。飯塚杯の時は、アップアップな感じでしたが、だいぶこなれてきた感じでした。サルコウ・トウループ以外のトリプルジャンプの確率が上がってきたんでしょうかね。少しジャンプ以外のことに気を配る余裕が出てきたように思いました。昨シーズンは入れられなかった3Fや3Loもきれいに入り、本来跳べる3Sや2Aのミスを差し引いても、なかなか良い出来でした。

・日置檀
トリプルを予定していたジャンプが、ことごとくダブルになってしまい、トリプルは3S1本だけでした。ただ、2Aはきっちり3本降りて、踏みとどまった感じです。今シーズンからシニアに上がったみたいです。愛音ちゃんといい、哉中ちゃんといい、今シーズンは若いシニア一年生が多いみたい。

・中村愛音
6分練習では、3Fや3Lzもきちんと跳べていたのですが、本番は、最初に1Lz、2Fとパンクの連続。2Aは入ったけど、続く3Fも途中で開いて降りてきてしまったし、トウループもダブルになって…ちょっと気持ちも切れてしまったような感じに見えました。最後の2A~2Aのシークエンスと3Tは、意地で降りたように見えました。足を肉離れしているそうで、今回の試合は力を出せなくて残念でした。ただ、新しいプログラムは、飯塚杯で見た時よりこなれてきていたように思います。雰囲気も振付も大人っぽくなっていて、今後どんなふうに仕上がっていくのか楽ししみです。早く怪我を治して、また頑張ってほしいです。この後の国際試合では、本来の力を発揮してくれることを祈ってます。

・水津瑠美
うーん…まだ調子が上がらないみたいに見えました。回転不足のジャンプや、途中で回転を止めて前向きに降りてきてしまうジャンプなどがあり、迷いながら滑っているみたいに見えました。


〈男子フリー〉

・佐野隼規
すごく良かったです。飯塚杯の時も思ったんですが、やっぱりガッチリしたように思います。特に上半身。スケートにブレーが少くなったというのかなあ。ジャンプの助走が安定していて、そのせいか、ジャンプ自体も安定していました。飯塚杯で、「今シーズンは3Lz をプログラムに入れる」と言ってましたが、まさか、2本入れるとはビックリです。1本目さシングル、2本目は両足着氷だったけど、それ以外のジャンプは、3Loまですべてミス無し。何だか、この後のシーズンに向けて、ワクワクしてきました。2年前の全日本のノーミスフリーに匹敵するぐらい、テンション上がりました。衣装は、色がもう少し濃いと、もっと素敵なんだけどなあ、なんて。パイロットとか警備員とか、色んな制服に見えてしまうようです(笑)

・小塚崇彦
6分練習から、あまり調子が良くなさそうというか、自信がちょっと無さそうに見えました。まだフリーは調整不足で、そんな不安があったんでしょうか。3Aはキレイに降りていましたが、クワドは、降りそうな雰囲気が無かったです。3Aやクワドをガンガン跳んでくる無良くんの勢いに、押されているように見えるぐらい。なんだか、微妙な雰囲気でした。

本番。最初のトウループは、2回転に抜けてしまいました。続く3A-3Tは、なんなく決め、続く3Lzからの三連続ジャンプも成功。そのままいくかと思ったんですが、ループは途中で開いて降りてきてしまい失敗。2ほんめのアクセルはパンクして1回転に。最後の3本の単独トリプルはキレイに決めましたが、なんだか敗戦処理みたいな雰囲気で、ちょっと哀しかったです…。最後の3本が全部単独なのは、ちょっと寂しいよいな気がしました。前にミスが無ければ、また違った雰囲気になるのかもしれませんが。全体的に、ちょっと自信無さげな雰囲気がただよっていました。JOまでに、うまく調整できるといいな。スケート自体は抜きん出ているわけで、あとは自信を持ってジャンプをはめていってくれたらなと思います。帰り際に、友人と、「小塚くん、今日はボロボロだったね」と話していたんですが、この程度でボロボロと思っている自分に気づいて、ちょっと驚きました。たしかに、2年前なら、このぐらいでボロボロだなんて思わなかったですから。それだけ、私たちが小塚くんの演技に求めるレベルが上がったってことで
すよね。その分、選手本人にも、かかるプレッシャーは増大しているわけで。過酷なシーズンになりそうな気がします。

・無良崇人
6分練習から、気合入りまくりに見えました。ぶっ飛んでいくみたいな3Aや3A-3T、壁に激突しそうなクワド、軽々跳ぶトリプルジャンプ。見ているこちらが、あっけにとられてしまうくらい、やる気満々でしたよ。

本番。冒頭のクワドは、転倒してしまいましたが、続く3A-3Tは完璧 場内がどよめいていました。でも、2本目の単独3Aは、もっと高かった!3Fをステップアウトしただけで、あとはほぼミス無しの素晴らしい演技でした。フリーだけなら0.2点ぐらいの差で無良くんが小塚くんを上回りましたが、この日の無良くんの出来からしたら、気の毒になるくらいの僅差でした。
  • [No Tag]

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。

*Trackback

トラックバックURL
http://blissonice.blog86.fc2.com/tb.php/483-8b8f7318

Menu

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

BlogPet

プロフィール

miyuki.

Author:miyuki.

最近の記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

FC2カウンター

FC2カウンター(現在の閲覧者数)

現在の閲覧者数:
無料カウンター

ブロとも申請フォーム

PikaPika_Atlantis

Present's by
Sun Eternity

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。